生活と密着24h!切り離す事ができないローンと教育資金

教育費は1000万円ともいわれている

教育費の負担は、住宅ローンを利用した時並みに高いともいわれています。1人当たりの子どもを卒業まで育てるとなると、1000万円近くかかる可能性があるのです。これは私立に通わせた割合が高い場合の金額ですが、すべてが公立だとしても意外と費用はかかっているものなのです。例えば公立の小学校に通わせたとしても年間30万円ほどの費用がかかりますし、公立中学校でも50万円ほどは必要となって来ます。これを月々の費用に換算すると数万円程度、子どもが2人以上いれば5万円以上の負担がある家庭も少なくないわけです。
実は住宅に次いで大きな出費となりやすい教育費なのですが、意外とその実態を知っている方は少ないようです。子供が出来てから慌てて計算するのではなく、事前にそのくらいの費用がかかる事を知っておきましょう。教育費が足りなくなってローンを利用する方というのは、やはり計画性が少し足りないようにも思います。子供が小さいときにできるだけ貯蓄をしておいたり、独身の頃から対策してみるのも良いでしょう。幼稚園に入るまでの教育費はそれ程多く無いため、この時期に集中して貯蓄しておく事をおススメします。早めに対策しておけば、将来教育ローンを利用しなくても済むでしょう。

参照サイト

今すぐ現金が必要な方はコチラをご覧ください。・・・急に現金が必要になった・・・そんな時、あなたならどうしますか?今すぐ現金が必要なあなたに今すぐ現金を用意できる方法を伝授します。
e-生活費足りない・・・すぐに現金が必要、今月だけ生活費が足りない方へのお役立ち情報サイト。生活費が足りない!人生何度も訪れるピンチの乗り切り方を、やりくり母さんがご紹介します。
e-借りれるんだろうか・・・パート、アルバイト、主婦でも借りれるんだろうか?もうすでに負債があるのだけど借りれるんだろうか?そんな疑問にお答えします!!