奨学金と国のローンの違い

奨学金と国のローンの違い

計画的に貯蓄をしてこなかった家庭や、子供の数が多いと奨学金や国の教育ローンを使う事を検討する事もあるでしょう。しかし、意外とよく言われるのがどのような違いがあるのか分からず、自分が利用できるかも分かりにくいということです。どちらも教育費を借りられることには違いがありませんが、その仕組みは多少異なるため良く調べてから利用するようにしてみて下さい。
まず奨学金ですが、成績優秀者が借りることができて、毎月の授業料などに当てる資金を借りる方法です。なかには無利子となり卒業後に返済すれば良いものもあったりして、かなりお得に教育ローンを利用することができます。国の教育ローンと比べても金利は低めとなっています。ただし授業料などにあてるため入学後の利用となり、入学金などには当てる事はできません。
また、国の教育ローンですが、成績などは特に考慮されず、年収などの制限があるのみです。金利は奨学金よりは少し高めですが、入学前から借りることが可能で進学資金に当てる事ができます。制服の購入費用や入学金などに当てると良いでしょう。
また、どちらも兼用は可能で利便性を考慮した上で良い面で活用してみても良いと思います。入学前は国のローン、その他の費用は金利が低い奨学金を利用するのもおススメです。