住宅ローン返済と教育費準備の優先順位

住宅ローン返済と教育費準備の優先順位

子育て家庭に多い悩みは、住宅ローンの返済を早く終わらせたほうが良いのか、それとも教育費のために貯蓄をしたほうが良いかという事です。マイホームを買う割合が高いのは子どもがいる家庭ですし、更に子供がいれば教育費もかかる事となり多くの出費が予想されます。しかし、子どもを産む年齢はどんどん年齢が上がっている今では、自分たちの将来設計もしなければなりません。一体どちらの対策を優先したほうが良いかは迷ってしまいますね。特にこれから高校入学や大学を控えている子どもがいれば、費用も高額になりやすいため出費も増えてしまいます。将来の生活を見据えると教育費がまかなえなくなり、住宅ローンを繰り上げ返済してしまうと教育費のために奨学金を利用しなければならなくなったりもします。逆に教育費のために貯蓄を増やせば、住宅ローンの返済期間を減らす事ができずに将来設計も不安になりやすくなります。
実際にはどちらを優先させたほうが良いかは正解は無いとは思いますが、一つの事例では住宅ローンの月々の返済額を見直してみるのも良いでしょう。金利が低くなるように借り換えをすれば、毎月の返済額の負担も減ってきて、その資金を教育資金に回すこともできます。そのためにもまずは少しでも月々の負担を減らせる方法を探してみて下さい。