教育費は世帯収入の3分の1にも

教育費は世帯収入の3分の1にも

教育ローンを利用している人を対象に調査した所、なんと家計の中で教育費は3分の1もの割合を占めている事がわかったそうです。それに加えて住宅ローンがあれば、更にその割合が高く半分がローンに消えていく家庭もあるといわれています。教育ローンを利用している割合が高いのは主に大学生を持つ家庭ですが、まさかそこまで費用がかかるとは思わなかった方も多いのでは無いでしょうか。年収が400万円あればそのうちの半分である200万円近くがローンとなってしまうケースもあるのです。
大学生ともなれば実際にそれだけの費用がかかってしまう事もあるため、早めに対策する事が求められています。幼稚園から中学校までの費用を削るために公立に通わせて、そのうちに貯蓄をするのも良いでしょう。中学生くらいまではあまり教育費の負担は感じませんが、将来大学に行く事を考えると早い段階からできるだけ教育費を削って節約する事をおススメします。奨学金を利用している家庭では、家庭でパートを掛け持ちしたり、学生本人がアルバイトするなど費用を捻出する姿も見られています。特に教育費のなかでも大学の費用は高額になりやすいため、事前に計画を立てておくようにしてみて下さい。